タグ:風景写真 ( 128 ) タグの人気記事

紅葉探し

もう遅いと思ってはいましたが、どこかに残ってはいないかと
今年の新緑を撮影したダム湖の方へ出かけてみました。
この時期のダム湖は水が少なくて、新緑で訪れた場所とは
違う場所に来たかと思うような容相でした。


b0122257_11310692.jpg





b0122257_11311746.jpg




b0122257_11312944.jpg

by hig38 | 2018-12-15 11:32 | MASTER TECHNIKA

2018年近場の秋(京都亀岡)

今年の紅葉は思い切って遠出して信州に行きましたが、近場では仕事の関係で
タイミングを逃してしまい残念な紅葉シーズンとなりました。
今回は車で1時間あまりで行ける近場の紅葉を求め撮影して来ました。
朝一は、こんな近場でも撮影が出来るとは夢にも思っていなかった雲海を
撮影して、それからお寺を2軒訪れました。
この日は雲海を撮影出来るくらいに、町の中は霧に包まれ紅葉も一味違った
撮影となりました。


b0122257_22531737.jpg



b0122257_22535779.jpg


b0122257_22543910.jpg


b0122257_22552149.jpg



b0122257_22555709.jpg


by hig38 | 2018-12-12 22:57 | HASSELBLAD

信州奥飛騨紀行8

いよいよ信州奥飛騨紀行も8まで続きましたが今回で終了です。
また来年も信州に行きたいと思っています。


b0122257_00473320.jpg

by hig38 | 2018-11-17 00:52 | MASTER TECHNIKA

信州奥飛騨紀行7

信州奥飛騨紀行、今回は平湯から安房峠へぬける途中で撮影した紅葉です。
昼過ぎまで上高地で撮影し、上高地13:00発の平湯あかんだな行きバスに
乗り駐車場に戻りました。平湯バスターミナルのレストランで昼食をとってから
二日目の宿泊先に向かうまで安房峠付近で撮影しました。
昼食をとっている間に雨が降り、途中、霧で視界が見えなくなるタイミングも
ありましたが、夕刻には日が差してきて陽に染まる紅葉に巡り会うことが出来ました。



夕刻の紅葉


b0122257_23172207.jpg



b0122257_23173399.jpg


by hig38 | 2018-11-08 23:19 | HASSELBLAD

信州奥飛騨紀行6

信州近辺の紅葉は、私が住む関西近辺の山々には無い趣を感じました。
それぞれに美しいのですが、ベースなる色合いが違うように思いよく
よく考えてみると、信州近辺のベース色は黄色が多いように思います。
たぶん品種の違いから来るものかと思いますが、その違いの代表とも
いえる樹としてカラマツがあげられるかと思います。カラマツは、
針葉樹でありながら紅葉し落葉します。紅葉すると黄色くなるのです
が、紅葉したカラマツがまた美しく梓川周辺に自生するカラマツ林が
秋の情景を盛り上げてくれてると思いました。


色づくカラマツ


b0122257_23395429.jpg


by hig38 | 2018-11-06 20:00 | MASTER TECHNIKA

信州奥飛騨紀行5

梓川が逆光で光っている。その向こう岸の木々達も

上高地は周りが高い山々に囲まれているので、陽が入るのも遅い。


光る梓川



b0122257_23135608.jpg



by hig38 | 2018-11-05 20:00 | MASTER TECHNIKA

信州奥飛騨紀行4

前回上高地に来たのはまだ写真を始めた頃で、その時は出張で塩尻に来ていた時に
たまたま休日に来れる機会があって来たというのが上高地との出会いでした。
まだマイカー規制が無かった頃で、その後すぐにマイカーで上高地に入ることが出
来なくなりました。
前回は出張中ということで、上高地に行けるなんて思ってもいませんでしたから
たまたまカメラを持っていたという事になります。その時のカメラは義父から譲り
受けたニコンF2に50mmf1.4の一本だけです。
その時の記憶では大正池から田代橋まで歩いて引き返した覚えがあります。
今回は河童橋まで歩きましたが、田代橋迄来たときにここで引き返した事を思い出
しました。


田代橋にて

b0122257_12441673.jpg



by hig38 | 2018-11-04 12:48 | MASTER TECHNIKA

信州奥飛騨紀行3

大正池からの次のお決まり有名撮影スポットはやはり田代池でしょう。
最近ふと思うのですが、有名景勝地へ行けばわざわざ海外旅行に行く
までも無いのではと...むしろここは何処と疑いたくなる。
そこはもう海外ではないかと日本語があまり聞かれないという現実。
確かに日本人はあまり大きな声でがやがやと話さないので、日本人が
話していても目立たないのかもしれない。

田代池に行くと三脚がづら~っと並べられて団体カメラマンたちだと
思いますが日本語以外の言葉で皆さんお話されています。
そして隅のほうで、だまってじっとその団体を横目で見ながら我慢強く
待っているのがたぶん日本人の方ではないかと想像が出来る。
たぶん団体カメラマンは光のタイミングを待っているのだろうと想像は
つくが三脚を立てて置いたまま、それぞれに記念写真を撮ったりしていた。
という事で、私はデジカメで1~2枚手持ちで撮影し田代池を後にしました。

大正池から遊歩道を歩いて田代池に行く分岐点に穂高岳が遠望できる
林が開けた湿地帯に出る。ここも写真ではよく観られる風景かと。

穂高岳を望む


b0122257_12151023.jpg





by hig38 | 2018-11-03 12:16 | MASTER TECHNIKA

信州奥飛騨紀行2

信州奥飛騨紀行初日は、乗鞍高原の牛留池で撮影した後夕刻に安房峠途中で少し撮影し
宿泊先の奥飛騨温泉街にある宿へ行きました。宿は素泊まりプランで予約していました
ので夕食は外に食べに出て、食後宿に帰ってきてから温泉につかりました。
源泉掛け流しの温泉なので、湯加減は熱めですが窓が網戸の状態で空いていた為、冷たい
風が入ってきて身体は熱いのですが、頭は寒いといった状態でした。(^^;)

宿の部屋は10畳の部屋で扉を開けるともう一枚障子の扉が有って、隙間風が無いせいか
風呂から上がってからは、特に寒さを感じませんでした。
翌日は平湯温泉からバスに乗って上高地へ行くので、フィルムチェンジャーにフィルムの
添装を行いそうそうに布団に入りました。

この時期の平湯温泉から上高地行きバスの始発は、午前6時20分です。
朝5時半頃に宿を出て平湯温泉アカンダナ駐車場へ6時過ぎに到着し、バスはそこら出発
します。私は、上高地最初のバス停、大正池で下車しました。ここから写真を撮りながら
河童橋まで歩きます。沢渡からのバスが早く出ているので、大正池にはもうすでに先陣が
カメラを構えて写真を撮っていました。朝の大正池は霧が立ち込めていて、幻想的な雰囲
気を醸し出しています。


朝の大正池

b0122257_22405306.jpg

b0122257_22411890.jpg

by hig38 | 2018-11-01 22:44 | MASTER TECHNIKA

信州奥飛騨紀行1

5月からの更新という事で随分とご無沙汰しています、その間でも
ご訪問頂きました方々には、いつも気にかけて頂き本当にありがとう
ございます。

今回は、信州奥飛騨紀行という事で先日8年ぶりになるかと思いますが
信州、奥飛騨方面へ一人写真撮影に行って来ました。
信州は紅葉シーズン真っ只中といった感じで、素晴らしい紅葉を観る
事が出来ました。ただこういったところに来ると、被写体に圧倒され
腕がなかなか追いついていないのが現状で恥ずかしい限りです。
(^^;

初日は初めに白川郷の方へ行きました。
現地についてがっかりだったのが、あまりにも観光地化されて合掌造りの
素朴な田舎風景が無くて、車を止める事無く乗鞍方面へ移動しました。
過去にも撮影したことはあるのですが、少し定番かもしれませんが
乗鞍高原の牛留池に行きました。今回の写真は、牛留池の写真です。


雨の牛留池

b0122257_19505417.jpg



by hig38 | 2018-10-31 19:53 | ウッドマン45